トレジャー・ファクトリーが台湾でもリユースビジネスを開始へ

2021年1月28日 17:55

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■4月に現地法人を設立、タイに続き更なる海外展開

 トレジャー・ファクトリー<3093>(東1)は1月28日の15時、台湾に現地法人を設立することを同日決議し、設立時期を2021年4月(予定)にすると発表した。

 同社は、すでにタイでリユースビジネスを展開している。このたび、更なる海外展開として、消費市場が成長している台湾でもリユースビジネスを展開するために、現地法人を設立することとした。

 商号は、台灣寶物工廠股份有限公司(Treasure Factory (Taiwan) Co.,Ltd.)、今後の法人設立手続において確定する予定。本店所在地は台北市。代表者は山崎隆司氏。決算月は11月。資本金は2500万台湾ドル(9250万円:1台湾ドル3.7円で為替換算)。出資比率はトレジャー・ファクトリー100%。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告