大阪金見通し:上昇か、軟調なドル相場反映へ

2021年1月22日 07:45

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:45JST 大阪金見通し:上昇か、軟調なドル相場反映へ
大阪取引所金標準先物 21年12月限・夜間取引終値:6225円(前日日中取引終値↓14円)

・想定レンジ:上限6300円-下限6220円

22日の大阪取引所金標準先物(期先:21年12月限)は上昇しそうだ。昨日の米国市場で米長期金利が上昇し、金利のつかない資産である金の投資魅力が低下し、金は売られやすい地合いとなっている。一方、ドルの総合的な価値を示すドルインデックスが安値圏で戻りの鈍い展開となり、ドルの代替投資先とされる金に資金が向かいやすい状況でもある。こうした動きを映し、ナイトセッションで金先物は下落した後は下げ渋っており、今日の金先物はこの流れを引き継ぎ、底堅い相場展開となりそうだ。《FA》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース