東宝 大幅反落、「鬼滅の刃」効果で上方修正も出尽くし感

2021年1月13日 11:03

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:03JST 東宝---大幅反落、「鬼滅の刃」効果で上方修正も出尽くし感
東宝<9602>は大幅反落。前日に第3四半期決算を発表、営業利益は172億円で前年同期比59.9%減益となっている。一方、通期計画は従来の140億円から190億円に上方修正。緊急事態宣言発出による営業制限の影響などで大幅減益となったが、「鬼滅の刃」の記録的ヒットにより、従来予想は上回った。ただ、「鬼滅の刃」効果への期待は十分高まっていたほか、会社計画は保守的な傾向も強いとみられており、上方修正が短期的な出尽くしへとつながる。《ST》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • マツダ・フレアクロスオーバー「HYBRID XT SPECIAL」(画像: マツダ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース