前日に動いた銘柄 part1 日本製鋼所、岩谷産業、牧野フライスなど

2021年1月8日 07:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:15JST 前日に動いた銘柄 part1 日本製鋼所、岩谷産業、牧野フライスなど
銘柄名<コード>7日終値⇒前日比

日本製鋼所<5631> 3300 +210
米民主党によるトリプルブルー達成でEV関連として改めて物色される。

岩谷産業<8088> 7100 +380
米民主党によるトリプルブルー達成で再生可能エネルギーはほぼ全面高に。

トクヤマ<4043> 2444 +132
米長期金利の上昇受けたバリュー株物色の波に乗りレンジ突破。

牧野フライス<6135> 4080 +220
出遅れ感強い景気敏感株として大きく買われる。


日立造船<7004> 665 +80
SMBC日興証券では新規に買い推奨。

ヤマシタヘルスケアホールディングス<9265> 1690 +165
上半期減益決算も好伸長を評価へ。

レノバ<9519> 4400 +420
「トリプルブルー」政権誕生の可能性で再生エネ市場の拡大期待。

オリックス<8591> 1757.5 +124.0
バリュー株の一角として米長期金利の上昇が手掛かりか。

T&Dホールディングス<8795> 1350 +85
米長期金利上昇で保険株には買いが優勢。

マネックスグループ<8698> 440 +34
ビットコイン価格の上昇を引き続き買い材料視。

第一生命ホールディングス<8750> 1728.5 +119
米上院選決選投票受けた金利上昇や株高で。

三菱化工機<6331> 3195 +252
水素関連としての関心が高まる展開に。

東洋エンジニアリング<6330> 461 +39
再生エネ関連としてプラント株も6日から強い動き。

エフオン<9514> 1286 +87
再生エネ関連の人気化で押し目買いが優勢に。

日野自動車<7205> 927 +36
環境対応技術車への期待感が優勢か。

日本製鉄<5401> 1454.5 +105.5
米インフラ投資拡大期待も鉄鋼株の買い手掛かりに。

ジェイ エフ イー ホールディングス<5411> 1093 +79
みずほ証券では目標株価を引き上げ。

インターネットイニシアティブ<3774> 2142 +127
みずほ証券では投資判断を格上げ。

ディー・エル・イー<3686> 310 +5
ツイッターではトランプ米大統領のアカウントを一時的に凍結。

タクマ<6013> 1979 +140
JPモルガン証券では新規に買い推奨としている。

愛三工業<7283> 531 +8
6日には東海東京証券が投資判断を格上げ。

マツダ<7261> 730 +40
堅調な北米販売動向を見直しか。

住友重機械工業<6302> 2763 +150
米インフラ投資拡大期待なども反映。

神栄<3004> 1512 +217
コロナワクチン関連として連日急伸の反動。

グレイステクノロジー<6541> 6560 -80
信用残高水準な中で12月以降の支持線割り込み。

マネジメントソリューションズ<7033> 2072 -115
年初からの連騰で利食い売り向かう形に。《FA》

関連記事

広告

財経アクセスランキング