大阪金概況:下落、リスク資産選好進み売り優勢もコロナ警戒は継続

2021年1月7日 16:05

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:05JST 大阪金概況:下落、リスク資産選好進み売り優勢もコロナ警戒は継続
大阪取引所金標準先物 21年12月限・日中取引終値:6386円(前日日中取引終値↓50円)

・推移レンジ:高値6393円-安値6363円

7日の大阪取引所金標準先物(期先:21年12月限)は下落した。昨日のダウ平均、今日の日経平均が大きく上昇し、リスク資産選好が進み、安全資産とされる金には資金が向かいにくく、今日の金先物は売り優勢の展開となった。ただ、新型コロナへの警戒感が継続しており、下値を売り込む動きはなく、金先物は昨日のナイトセッションでつけた安値(6334円)を下回ることはなかった。《FA》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • マツダ・フレアクロスオーバー「HYBRID XT SPECIAL」(画像: マツダ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース