日経平均は55円安で始まる、NY株は3指数とも反発しダウは168ドル高

2021年1月6日 09:12

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 1月6日(水)朝の東京株式市場は、日経平均が55円78銭安(2万7102円85銭)で始まった。「病床使用率」が東京都と神奈川県で80%を超えたと伝えられている。

 NY株式は3指数とも反発し、ダウは167.71ドル高(3万0391.60ドル)。ISM製造業指数が市場予想を上回った。原油先物がサウジアラビアの減産表明を受けて上げ、一時2020年2月以来の1バレル50ドル台を回復した

 シカゴの日経平均先物は2万7130円となり、東証5日の日経平均終値を30円ほど下回った。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】コーナン商事は連続最高純益を手掛かりにHC業界の最割安株買いが再燃し急反発(2020/10/22)
【注目銘柄】ロードスターは年初来高値に肉薄、海外不動産ファンド進出報道でバリュー株買いが再燃(2020/10/14)
【編集長の視点】AMBITIONは増益転換業績の確認を1Q決算開示時に期待して続伸(2020/10/21)
【注目銘柄】トーメンデバイスは決算発表を先取りし割安ハイテク株買いが再燃し急反発(2020/10/07)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告