Ruby 2の3倍高速化を図った「Ruby 3.0.0」が登場

2021年1月5日 09:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

12月25日、Rubyのメジャーバージョンアップ版である「Ruby 3.0.0」が発表された(Ruby 3.0.0 リリースOSDN Magazine)。開発には2016年にRuby 3x3という目標が設定され、OptcarrotベンチマークでRuby2の3倍高速化を達成することを目指したという。主にパフォーマンス、並行処理、静的解析に注力して開発されたとしている。

あるAnonymous Coward 曰く、 Ruby 3.0は2013年に最初のバージョンが公開された2系に続くメジャーリリースとなる。

  RakuになるのかPython3になるのか。

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | プログラミング

 関連ストーリー:
11月のTIOBE Index、Pythonが初の2位 2020年11月07日
大塚製薬CalorieMate to Programmerが話題に 2020年08月07日
オープンソースソフトウェアの脆弱性、2019年は前年から50%近く増加したとの調査結果 2020年03月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードRubyPython

関連記事

広告