【市場反応】米11月建設支出/12月製造業PMI改定値、ドル強含み推移

2021年1月5日 00:20

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*00:20JST 【市場反応】米11月建設支出/12月製造業PMI改定値、ドル強含み推移


米商務省が発表した11月建設支出は前月比+0.9%と、10月+1.6%に続き2カ月連続のプラスとなったが、予想+1.0%は下回った。

事前に民間マークイットが発表した12月製造業PMI改定値は57.1と、速報値56.5から下方修正予想に反し上方修正され2014年9月来で最高となった。

米債利回りの上昇に伴いドルが強含み推移。ドル・円は102円90銭から103円11銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.2309ドルの高値から1.2279ドルまで反落した。

【経済指標】
・米・12月製造業PMI改定値:57.1(予想:56.3、速報値:56.5)
・米・11月建設支出:前月比+0.9%(予想:+1.0%、10月:+1.6%←+1.3%)《KY》

関連記事

広告