NY外為:ポンド買い再燃、英EUの通商協定署名で混乱回避へ

2020年12月30日 01:55

印刷

記事提供元:フィスコ


*01:55JST NY外為:ポンド買い再燃、英EUの通商協定署名で混乱回避へ


欧州理事会は声明の中で29日、EU27加盟国が、英国とのFTA(自由貿易協定)で来月1日暫定発行を正式に承認したと明らかにした。暫定発行は、欧州委員会が来年承認する上で必要な過程。英国議会は30日に採決を予定している。

報道官によると、欧州委員会のフォン・デア・ライエン委員長、シャルル・ミシェル欧州理事会議長、ジョンソン英首相は30日に署名。協定が1日から有効になることで、離脱を巡る混乱が回避できる。

外為市場ではポンド買いが再燃。ポンド・ドルは1.3473ドルから1.3523ドルまで上昇した。ポンド円は139円57銭の安値から139円96銭まで上昇。ユーロ・ポンドは0.9091ポンドから0.9060ポンドまで下落した。《KY》

関連記事