「丸福珈琲店」監修スイーツが全国のファミマで、“深煎りの極み”コーヒーのバウムクーヘン

2020年12月24日 15:54

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 老舗珈琲店「丸福珈琲店」監修のスイーツが、2020年12月22日(火)より全国のファミリーマートにて発売される。

 「丸福珈琲店」は、大阪府千日前の老舗喫茶店。看板メニューの「深入りの極み」と呼ばれる手作業で火加減を調整して焙煎される豆から淹れたコーヒーは、多くの文化人や芸人の間で愛されてきた。

 今回発売されるのは、そんな「深煎りの極み」のコーヒーの味わいを再現した2つの焼き菓子。それぞれに「丸福珈琲店」監修のコーヒーを使用し、あえて後味に苦味が残るように仕上げた。

ラインナップは、コーヒーの香りと苦みをしっかりと楽しめるバウムクーヘン「濃いコーヒーバウムクーヘン」と、手軽に楽しめるスティックタイプの「濃いコーヒースティックパウンドケーキ」となる。

【詳細】
「丸福珈琲店」監修スイーツ
発売日:東日本エリア 2020年12月22日(火) / 西日本エリア 12月15日(火)
販売場所:全国のファミリーマート
価格:濃いコーヒーバウムクーヘン 150円(税込)、濃いコーヒースティックパウンドケーキ 189円(税込)
※東日本エリアは新潟・長野・山梨・静岡(一部除く)より東側の都道県、西日本エリアは 富山・岐阜・愛知・静岡(一部除く)より西側の府県。
※数量限定。
※一部地域や店舗では、発売日が異なる場合あり。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードファミリーマート

関連記事

広告