米連邦通信委員会、航空機内での携帯ネットワーク利用解禁の検討を打ち切り

2020年12月7日 09:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米連邦通信委員会(FCC)は11月27日、航行中の航空機内での携帯電話ネットワークサービス利用解禁に関する検討の打ち切りを決めたことを明らかにした(FCCの文書The Vergeの記事9to5Macの記事)。

FCCは2013年、米連邦航空局(FAA)が旅客機内での電子機器使用制限の緩和を検討していることを受け、携帯電話ネットワークへの接続を可能にする機器の機内への設置を航空会社に認めるかどうかの検討を開始した。2014年には意見募集も行われたが、受け付け開始前から多くの反対意見が寄せられ、特に音声通話の解禁に対する反発は強かった。FCCは検討打ち切りの理由として反対意見の多さを挙げており、提案が安全性や国家安全保障上の懸念を解決できていないとする米国のパイロットや乗務員の意見も含まれるとのことだ。 

スラドのコメントを読む | モバイルセクション | 通信 | スラッシュバック | アメリカ合衆国 | 政府 | 携帯通信 | 交通

 関連ストーリー:
米FCC委員長、旅客機内での携帯電話音声通話を引き続き禁止することを提案 2017年04月18日
米客室乗務員組合、飛行機の離陸時に電子機器使用を禁止するよう訴訟を起こしていた 2014年10月17日
米FCCが検討する旅客機内での携帯電話使用制限緩和、パブリックコメント受付前から多くの反対意見 2014年01月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安全保障連邦通信委員会

関連記事

広告