パイプドHD 建物メンテナンス業界のDXを支援するクラウド型CMMS「Qosmos」を提供するBPMへ出資

2020年12月4日 12:23

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:23JST パイプドHD---建物メンテナンス業界のDXを支援するクラウド型CMMS「Qosmos」を提供するBPMへ出資
パイプドHD<3919>は3日、子会社のダブルシャープ・パートナーズが運用するCVCファンド「ダブルシャープ・パートナーズ・ファンド1号投資事業組合」が、11月30日、建物メンテナンス業務管理SaaS「Qosmos」を提供するBPMのシリーズAラウンドに出資した事を発表。

BPMは、建物メンテナンス業務管理SaaS「Qosmos」を提供。「Qosmos」は、建物の煩雑な工事情報や修繕記録などを蓄積し、建物メンテナンスにかかる業務の効率化を支援するクラウド型のCMMS(コンピュータ化保守管理システム)。写真現場報告・作業報告ツール「Qosmosレポート」や、建物メンテナンス履歴管理アプリ「Qosmos AR」など、メンテナンス業務用SaaSツールを複数開発し、提供している。

建設従事者数の不足や建設従事者の労働環境の改善が大きな社会課題となっている中、建物メンテナンス業界のDXを推し進め、生産性と品質の向上を両立することが必須であり、また、同社グループ企業との連携の可能性も含めて出資を決定したとしている。《ST》

関連記事

広告