Microsoft365の生産性スコア機能、批判を受け個人監視に関する機能を削除へ

2020年12月3日 18:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

先日話題となった「Microsoft 365の生産性スコア機能(productivity score)だが、Microsoftがプライバシー運動家などからの批判を受けて仕様を変更すると公式ブログ上で発表した(Microsoft 365 BlogForbesEngadget)。

具体的にはユーザー名の表示機能を削除する。今後は生産性スコアにおけるコミュニケーション、会議、コンテンツコラボレーション、チームワークおよびモビリティの測定値は、組織レベルでのみデータ集約・提供を行うとしている。またユーザーインターフェースを変更して、生産性スコアが組織的な尺度であるよう分かるよう変更、個々のユーザーの行動データは含まれないことを明確にしていくとしている。

あるAnonymous Coward 曰く、  https://japanese.engadget.com/microsoft365-spytool-delete-082011034.html
タレコミ時は未修正→ https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/admin/productivity/productivity-score?view=o365-worldwide

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 検閲 | マイクロソフト | ソフトウェア | プライバシ

 関連ストーリー:
Microsoft 365の生産性スコア機能に批判。社員の労働監視とデータの共有化などで 2020年11月30日
Microsoft、Netlogon特権昇格の脆弱性に活発な攻撃が確認されていると注意喚起 2020年09月27日
Microsoft、来年後半にOfficeの永続ライセンス版を出すと発表 2020年09月24日
Microsoft、Web版Wordに音声からの文字起こしや音声コマンドで編集操作できる機能を追加 2020年08月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードコラボレーションMicrosoftMicrosoft 365

関連記事

広告

財経アクセスランキング