ダイドーグループHDは「鬼滅の刃」コーヒー1500万本上乗せなど注目され後場一段と強含む

2020年12月3日 13:09

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■10月の発売後3週間で販売5000万本を突破し上乗せと発表

 ダイドーグループホールディングス(ダイドーグループHD)<2590>(東1)は12月3日の後場、一段と強含んで始まり、5560円(200円高)まで上げて反発幅を広げている。

 同日付で、持株傘下の主要事業会社ダイドードリンコが10月に発売したTVアニメ「鬼滅の刃」とのコラボ商品が好調につき販売計画を約1500万本上乗せすると発表し、注目された。

■10月のコーヒー飲料の販売数量49.5%増加

 約1500万本上乗せする商品は、「ダイドーブレンド ダイドーブレンドコーヒーオリジナル」「ダイドーブレンド 絶品微糖」「ダイドーブレンド 絶品カフェオレ」の3品。

■28種類の「鬼滅の刃」デザインパッケージで発売し高人気に

 「オリジナル」の発売45周年を記念して「鬼滅の刃」とのコラボを実現。新たに発売した「絶品微糖」と「絶品カフェオレ」の3品に「鬼滅の刃」をそれぞれデザインした計28種類の「鬼滅の刃」デザインパッケージを2020年10月5日に発売したところ、発売後約3週間で累計販売本数5000万本を突破した。これにより、10月度単月のコーヒー飲料の販売数量(本数ベース・速報値)は、前年同月度比149.5%となり、販売計画を上乗せすることとした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】資源関連株の「温故知新」相場も一考余地(2020/08/03)
【注目銘柄】テクノフレックスは2Q上ぶれ着地業績に5G関連人気がオンして続急伸(2020/10/07)
【注目銘柄】大木ヘルスケアは1Q好業績を見直して2Q決算発表に期待を高めて小反発(2020/10/15)
【編集長の視点】コーナン商事は連続最高純益を手掛かりにHC業界の最割安株買いが再燃し急反発(2020/10/22)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事