米政府とAmazon、偽物が米国に持ち込まれることを防ぐ共同作戦開始

2020年11月29日 17:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米政府の全米知的財産権調整センター(IPR Center)と米Amazonは24日、偽物が米国に持ち込まれることを防ぎ、米国の消費者を保護する共同作戦「Operation Fulfilled Action」の開始を発表した(プレスリリースThe Vergeの記事SlashGearの記事)。

作戦はAmazonが今年設立した偽物対策専門ユニット「Counterfeit Crime Unit」が率い、データの分析により狙い撃ちで検査をすることで偽物が米国のサプライチェーンに入り込むことを防止する。米税関・国境警備局(CBP)やDHLの協力も得るという。IPR CenterとAmazonは作戦で確保した証拠を活用して検査対象を拡大し、法の及ぶ限り悪人に責任を負わせるのが目標とのことだ。 

スラドのコメントを読む | YROセクション | ビジネス | 犯罪 | 海賊行為 | アメリカ合衆国 | パテント | YRO | 著作権 | 政府

 関連ストーリー:
米Amazon.com、9月1日からマーケットプレイス出品者にプロフィール表示を義務化 2020年07月10日
米Amazon、偽物対策専門ユニットを設立 2020年06月27日
米通商代表部、Amazonの米国外ドメインを知的財産侵害市場のリストに追加 2020年05月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカAmazon

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 「Zaim 一生黒字プラン」の画面イメージ。(画像: Zaimの発表資料より)
  • ジープ・グランドチェロキー「WK 10th Anniversary Edition」(画像: FCAジャパン発表資料より)
  • 紙容器に切り替える弁当(ローソン発表資料より)
  • 200mmワイドナビゲーション取り付けイメージ(画像:株式会社カナック企画発表資料より)
  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース