シャープは6日続伸、日経平均670円高を受け12月の日経225種採用を先取る

2020年11月24日 10:10

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■NTTドコモに代わり補充採用と発表済みのため思惑買い

 シャープ<6753>(東1)は11月24日、6日続伸基調となり、取引開始後に4%高の1385円(60円高)まで上げた後も強い展開となっている。日経平均が午前10時にかけて660円高と急伸している中で、12月2日から日経平均(225種)構成銘柄に採用と日本経済新聞社が11月18日に発表済みのため、先取り買いが活発なようだ。

 NTTドコモ<9437>(東1)がNTT<9432>(東1)のTOB(株式公開買付)を受けて完全子会社になり上場取りやめとなる方向のため補充される。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】資源関連株の「温故知新」相場も一考余地(2020/08/03)
【注目銘柄】テクノフレックスは2Q上ぶれ着地業績に5G関連人気がオンして続急伸(2020/10/07)
【注目銘柄】大木ヘルスケアは1Q好業績を見直して2Q決算発表に期待を高めて小反発(2020/10/15)
【編集長の視点】コーナン商事は連続最高純益を手掛かりにHC業界の最割安株買いが再燃し急反発(2020/10/22)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告