島忠・ホームズ西川口店、埼玉県川口市で12月3日オープンへ

2020年11月21日 09:26

小

中

大

印刷

島忠・ホームズ西川口店開店イメージ(画像: 島忠発表資料より)

島忠・ホームズ西川口店開店イメージ(画像: 島忠発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 家具・ホームセンター大手の島忠は、埼玉県川口市西川口に「島忠・ホームズ西川口店」を出店する。オープンは12月3日。提案型のDIYやリフォーム関係の売り場を強化した住まいと暮らしの総合センターで、イトーヨーカ堂の食品スーパーや家電量販店のケーズデンキも入居し、ワンストップで買い物が済む空間となる。

【こちらも】イオンモール川口、2021年春オープンへ 約150の専門店が集結

 施設は、イトーヨーカ堂が運営するディスカウントショップ「ザ・プライス西川口店」の跡地約6,200平方メートルに建つ地上5階建て延べ約1万7,200平方メートル。このうち、店舗面積は約7,200平方メートルで、島忠・ホームズが約4,000平方メートルを占める。

 島忠・ホームズは核店舗の島忠・ホームズ西川口店を1、2階に出店し、1階を家庭用品、日用消耗品、医薬品、園芸・グリーン用品、自転車など、2階をリフォームやDIY関係、カーテン、収納用品、寝具、敷物、家電照明、事務・文具用品、車、アウトドア用品などの売り場にする。特に力を入れるのがDIY用品、リフォーム、セルフリノベーションの体験スペースで、売り場からより住み心地の良い暮らしを提案する。

 島忠・ホームズ以外のテナントとしては、1階にもう1つの核店舗となるイトーヨーカ堂の食品スーパー、2階に100円ショップのダイソー、歯科医院のハートピアデンタルオフィス、3階に家電のケーズデンキが入る。4階以上は駐車場で、約200台分を確保する。

 ザ・プライス西川口店は1974年にイトーヨーカドー西川口店として開業し、2009年にディスカウントショップのザ・プライス西川口店に切り替わって営業を続けたが、施設の老朽化などから2019年に閉店していた。

 現地は京浜東北線のJR西川口駅から歩いて7分。東京のベッドタウンとして人口増加が続いており、ザ・プライス西川口店の閉店後、商業施設の需要が高まっていた。(記事:高田泰・記事一覧を見る

関連キーワード島忠イトーヨーカドー

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース