HDRリマスターで「AKIRA」復活 12月4日から全国7カ所で上映

2020年11月20日 16:26

小

中

大

印刷

 12月4日、大友克洋原作及び監督による映画「AKIRA」が復活する。原作は1982年~1990年に週刊ヤングマガジンで連載され、新型爆弾により消滅した東京、そして新首都となるネオ東京が舞台となる。時代設定は翌年にオリンピックを控えた2019年であり、近未来を描いたSFアニメとして海外でも絶賛された傑作だ。

 国家機密となる「AKIRA」を巡るストーリーでは軍と反政府ゲリラの衝突、抗争を繰り返す暴走族グループなどを描いているが、昭和ムードも漂う独特な世界観となっている。最初のアニメ映画公開は1988年だが、当時としては桁違いとなる10億円の製作費が投入されており、その後も4Kリマスターなどが上映されている。

 ドラッグ&バイオレンスなど暴走する若者を描いた破壊的な印象もあるが、超能力への覚醒や精神世界、宇宙観まで表現されたストーリーは壮大であり、米国でも大人向けのアニメ映画ベスト10の4位となっている(米国ハリウッドリポーター選出)。

 12月4日からの上映には、35mmのマスターフィルムからHDRリマスターし、広いダイナミックレンジならではの精細なコントラストやドルビーアトモス(Dolby Atmos)による3次元音響を実現している。AKIRAには映画ブレードランナーにも似たサイバーパンク感もあるが、ガムランやケチャを使用した芸能山城組の音楽もアジア的なムード演出に大きく影響している。

 上映は、丸ノ内ピカデリー(東京都)、T・ジョイ横浜(神奈川県)、MOVIXさいたま(埼玉県)、ミッドランドスクエアシネマ(愛知県)、MOVIX京都(京都府)、梅田ブルク7(大阪府)、T・ジョイ博多(福岡県)の7カ所であり、いずれもドルビーシネマを導入した映画館である。

 連載開始から40年近く経ってから映画上映されるケースは稀であり、オリンピックイヤーとなるはずだった2020年の上映は、AKIRAファンにとっても意味のあるものになるだろう。(記事:坂根豊志・記事一覧を見る

関連キーワード週刊ヤングマガジン

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース