Apple、Pegatronとの新規取引を一時停止へ

2020年11月11日 18:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 AppleがiPhone向け部品などを供給する台湾Pegatronとの新規取引を一時停止したという。従業員の労働形態が、Appleの基準に違反していたためと報じられている(BloombergCNETiPhone Mania)。

違反内容としては、学生が一般の従業員と同じ扱いとなっており、労働時間の超過や深夜労働などが日常的に行われていたようだ。Appleの広報担当者によれば、Pegatronの担当者らは、Appleの指摘を逃れるために偽装工作を行っていたらしい。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | アップル

 関連ストーリー:
米連邦控訴裁判所、カリフォルニア州ではAppleが直営店従業員の退出時に義務付けている持ち物検査の時間も労働時間にあたると判断 2020年09月05日
コンゴのコバルト鉱山での児童労働に加担しているとして人権団体がApple、Google、MS、Dell、Teslaを提訴 2019年12月20日
Forbesによる「最も公正な米企業100社」調査結果、トップはMicrosoft 2019年11月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードApple台湾iPhone

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「Zaim 一生黒字プラン」の画面イメージ。(画像: Zaimの発表資料より)
  • ジープ・グランドチェロキー「WK 10th Anniversary Edition」(画像: FCAジャパン発表資料より)
  • 紙容器に切り替える弁当(ローソン発表資料より)
  • 200mmワイドナビゲーション取り付けイメージ(画像:株式会社カナック企画発表資料より)
  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース