総務省、MNP手続き開始後の引き止めを禁止に ユーザーの意思表示ルールを規定

2020年10月28日 08:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

総務省は有識者会議「競争ルールの検証に関するWG」で、携帯番号ポータビリティ(MNP)利用時に、携帯事業者によるユーザー引き止めを禁止する方策を検討している。23日にこの内容を議論する第10回会合が開催された(総務省ケータイ Watch)。

総務省は「MNPに関する過度な引き止めに関する運用について(案)[PDF]」という形で現行案をまとめている。内容としては、ユーザーがMNPをする意思を明確に持っていることを確認する選択肢とルールを用意し、意思確認が取れた後は一切の勧誘行為を禁止するとしている。

例えばMNP受付のトップページで「MNPの予約番号の発行」と「MNPに関する問い合わせ」の二つの選択肢があり、MNPの予約番号の発行を選択した場合は、MNPを行う意思表示が示されたと判断するという感じになる模様。 

スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | 携帯通信

 関連ストーリー:
総務省がキャリア間の乗り換え促進へ。eSIM普及やキャリアメール転送など競争促す施策を推進 2020年10月22日
総務省、ガイドライン改正で減損処理をつかったスマホ投げ売りを制限へ。iPhoneが有利になるという話も 2020年09月09日
iPhone XRだけでなくiPhone XS/XS Maxも生産数を削減との報道 2018年11月26日
昨年度のMNP利用数は前年度比約25%減 2017年08月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード総務省

関連記事