富士通 リバウンドが試されるタイミング

2020年10月26日 08:45

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:45JST <6702> 富士通 - -
高値もち合いが続いているが、足元での調整で75日線を下回ってきている。一目均衡表では薄い雲の下限に到達しており、今後ねじれのタイミングとなるため、これも割り込まずに反転をみせてくるかが注目される。遅行スパンは下方シグナル発生が意識されてきており、リバウンドが試されるタイミングとなろう。《FA》

関連記事