川崎F、リーグ新記録の11連勝 J1第23節

2020年10月19日 07:22

小

中

大

印刷

 18日、JリーグJ1第23節が行なわれ、首位の川崎フロンターレがホームで4位の名古屋グランパスと対戦、3-0で勝利した。首位を独走中の川崎Fは、同一シーズンの記録を更新する11連勝を飾った。

 8月に10連勝で対戦した名古屋に0―1で敗れ、これが今季唯一の敗戦でもあり、その雪辱も果たした。川崎Fは押し気味の試合展開から前半終了間際に先制すると、後半も追加点を挙げ、流れを変えられることなく圧勝した。

 試合開始直後は川崎Fが攻め込むシーンが多かったが、20分を過ぎると名古屋もマテウスが好機を演出するなど好試合となる。

 しかし、前半も終了が迫ると再び川崎Fにチャンスが増えてくる。

 前半44分、川崎Fは田中碧がアウトスイングのCKをゴールニアサイドに送ると、これを谷口彰悟が頭でフリック、こぼれたところを三笘薫がゴールに押し込んで先制する。

 後半12分、川崎FはPA手前左から中村憲剛がFKをPA右ファーサイドに送る。これをジェジエウがヘッドで合わせてゴール前に折り返すとDFに当たって追加点となる。

 後半20分、川崎Fは中村のショートコーナーを守田英正が受けると、ワンツーパスを受けた中村がゴールファーサイドにクロスを送る。これを再びジェジエウがヘッドで合わせ3点目となる。残り時間を安定した試合運びで名古屋に隙を与えず、試合が終了した。

関連キーワード名古屋グランパス川崎フロンターレ

関連記事

広告