ライフ RSS

 

新型コロナウイルス再感染が米国で確認 再感染後に重症化

2020年10月16日 08:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

香港やベルギーなどで確認されている新型コロナウイルス(COVID-19)の再感染だが、米国でも再感染の症例が確認されたそうだ。Medscapeによれば2名の再感染例が報告されているという(MedscapeLancet Infectious Diseases)。

一人はネバダ州の25歳の男性、もう一人はバージニア州の42歳の男性で、最初の感染判定から約2か月後に再感染した。遺伝子検査を実施したところ、二人の男性ともにわずかに異なるウイルス株を持っていた。また2度目の感染で重症化したとも報告されている。

このうちネバダ州の25歳男性については、英医学誌ランセットに研究が掲載されており、この内容が国内の各メディアでも報じられている。この男性は4月中旬に1度目の感染をしており、その後の2度の検査では陰性となった。5月に不調を訴え、6月には再び陽性の判定が出たとされる。先に書いたとおり、1度目の感染の再発症ではなく、異なる系統のウイルスに感染していたことが判明している。この2度目の感染では、息切れを伴う低酸素症となり、入院と酸素吸入を必要とするまで重症化した。この男性は現在は回復したが、重症化した理由は不明であるという。

この男性の症例では、1回目と2回目の感染までの期間が短く、なおかつ2回目に重症化していることから、懸念される研究結果であるとしている(日経新聞BBCBusiness Insider)。

あるAnonymous Coward 曰く、 仮に一度目の感染より再感染の方が重症化する傾向があると、ワクチンの開発が困難になりそうだ。

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | 医療 | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
新型コロナウイルスの再感染が複数発生。香港やオランダ、ベルギーで 2020年08月28日
ドイツの研究者、ボランティア2000人参加のライブ会場で「コロナ感染実験」を行う 2020年08月26日
富岳の試算によると東京の経済活動がほぼ停止した場合、約2週間で全国に経済影響が出る 2020年08月21日
厚労省、企業や医療機関に対し風疹の抗体検査を呼びかけ 2018年12月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ遺伝子新型コロナウイルス

関連記事

広告