東京為替:ドル・円は105円20銭台で推移、中国本土株式の動向が手掛かり材料に

2020年10月15日 10:41

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:41JST 東京為替:ドル・円は105円20銭台で推移、中国本土株式の動向が手掛かり材料に
15日午前の東京市場でドル・円は105円20銭台で推移。日経平均は65円安で推移しており、下げ幅はやや縮小。日経平均の下落は意識されていないが、中国本土株式は弱含みとなる可能性があるため、ドル・円は105円台前半で上げ渋る展開が予想されているようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円09銭から105円30銭、ユーロ・ドルは1.1741ドルから1.1751ドル、ユーロ・円は123円47銭から123円77銭。

■今後のポイント
・新型コロナウイルスのワクチン・有効治療薬の開発競争は加速する可能性
・米追加経済救済策成立の可能性残る
・米大統領のウイルス感染からの早期回復

・NY原油先物(時間外取引):高値41.29ドル 安値41.11ドル 直近値41.14ドル《MK》

関連記事