レンティア 大幅に反発、20年12月期の営業利益予想を上方修正、ICT機器レンタルなどで増益効果/新興市場スナップショット

2020年10月14日 09:37

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:37JST <7081> レンティア 1670 +60
大幅に反発。20年12月期の営業利益を従来予想の12.00億円から14.00億円(前期実績14.76億円)に上方修正している。ICT関連機器のレンタルサービスや政府の緊急経済対策施行に伴うBPO案件で継続的な増益効果があったため。また、全社的なコストコントロールで販管費が想定を下回ったことも利益を押し上げる見込み。株価が12日に付けた直近高値(1724円)を上回ったことも買い意欲を刺激しているようだ。《HH》

関連記事

広告