日経平均は34円安、マイナス圏で方向感のない動き

2020年10月13日 11:18

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:18JST 日経平均は34円安、マイナス圏で方向感のない動き
日経平均は34円安(11時15分現在)。日経平均寄与度では、ソフトバンクG<9984>、エーザイ<4523>、ファーストリテ<9983>などがマイナス寄与上位となっており、一方、ファナック<6954>、東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、鉱業、石油石炭製品、非鉄金属、ゴム製品、医薬品が値下がり率上位、保険業、空運業、金属製品、電気機器、証券商品先物が値上がり率上位となっている。

日経平均は一時67円安まで下げた後、マイナス圏で方向感のない動きとなっている。今日も一昨日、昨日同様、寄り後は売りが優勢となる展開となっている。特に目立った売り材料は見られないが、決算発表の本格化を控え、利益確定売りが増えているとの見方があった。《FA》

関連記事

広告

財経アクセスランキング