論語の最古の写本とみられる注釈書が日本で発見される

2020年10月4日 21:00

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、  朝日新聞の記事によると、孔子の「論語」の注釈書の一つである、「論語義疏(論語疏)」の写本が見つかり、最古の論語の写本の可能性が高いそうだ。

この写本(論語義疏「巻5」に相当。表題は「巻6」)は、6〜7世紀初めに中国で書かれ、日本に伝わった後、寺社等で保管されてきた「伝世品」だが、論語義疏は中国では12世紀頃には失われており、仏典を除けば最古級とみられるそうだ。

慶應大学が2017年に古書店で購入した後、学内で各分野の専門家を集めた研究チームが調査を行なっていたらしい。

皆様の中で、論語を読んだ方はいるだろうか。

 スラドのコメントを読む | Slashdotに聞けセクション | 日本 | 書籍 | スラドに聞け!

 関連ストーリー:
Universal Dependencies 2.4がリリース 2019年05月18日
Unix Time:不惑に 2010年01月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国

関連記事