ミロク情報サービスがJICAのソーシャルボンドに投資を実施

2020年10月1日 16:50

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■環境・社会への取り組みを幅広く支援

 ミロク情報サービス<9928>(東1)は10月1日、独立行政法人・国際協力機構(JICA:ジャイカ)が発行する社会貢献債(ソーシャルボンド)、いわゆるJICA債にこのほど投資したと発表した。

 ソーシャルボンドとは、社会課題の解決に使途を限定した債券で、このJICA債は、政府開発援助(ODA)の有償資金協力事業を通じて、開発途上地域の交通インフラ整備をはじめ、災害復興、健康増進に向けた医療支援などに活用される。

 さらに、日本政府が2016年12月22日に策定・公表した「持続可能な開発目標(SDGs)実施方針」において、JICA債の発行がSDGsを達成するための具体的な施策の一項目としても掲げられている。

 ミロク情報サービスは、『豊かな生活の実現』、『文化活動への参加』、『社会的人格の錬成』という企業理念に基づき、文化財の保護やスポーツ振興など、さまざまな社会貢献活動に取り組んできた。今後も本債券への投資をはじめとしたESG投資など、より幅広い活動を通じて、環境・社会への取り組みを支援し、持続可能な社会の実現に貢献していくとした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】第2、第3のテレワーク関連株に注目、仮想デスクトップ・テレビ会議関連など(2020/02/03)
【株式評論家の視点】昭栄薬品はオレオケミカルの専門商社、自社株買い実施に光通信が保有(2020/01/09)
【株式評論家の視点】北の達人コーポは「刺す化粧品-ディープパッチシリーズ」が大ヒット、700円割れが下値として意識(2020/01/16)
【ブロックチェーン・STO関連銘柄特集】新たな金融サービスの広がりに期待(2019/12/11)
【株式評論家の視点】プレナスは通期業績予想を据え置き、配当利回り3%(2020/01/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事