KeyHolderは調整一巡、総合エンターテインメント事業で収益柱構築

2020年9月29日 08:49

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 KeyHolder<4712>(JQ)は総合エンターテインメント事業を中心とする収益柱構築を目指している。20年12月期はM&A効果で黒字予想としている。当面は新型コロナウイルスによる公演・イベント自粛の影響が意識されるが、通期ベースで収益改善を期待したい。株価は上値を切り下げる形となったが、調整一巡して出直りを期待したい。

■総合エンターテインメント事業で収益柱構築

 Jトラスト<8508>グループで、17年10月旧アドアーズが持株会社へ移行して商号をKeyHolderに変更した。

 M&Aの積極活用、事業再編・子会社譲渡などによって現在は、アイドルグループ「SKE48」などの管理・運営を行う総合エンターテインメント事業を中心に、バラエティ番組・テレビドラマ・映画製作などを行う映像制作事業、販促企画などを行う広告代理店事業を展開し、新たな収益柱構築を目指している。

 18年3月子会社アドアーズを譲渡してアミューズメント施設運営領域から撤退した。20年9月にはプロスペクト<3528>との株式交換により、キーノートの不動産事業および商業施設建築事業がグループアウトした。

 20年8月には、映像コンテンツやライブコンサートなどのトータルプロデュース事業を行うノース・リバーを連結子会社化、アイドルグループ「乃木坂48」を運営する芸能プロダクション会社の乃木坂LLC(ノース・リバーが持分50%保有)を持分法適用関連会社化した。

 今後の事業体制・子会社を整理すると主要グループ会社は、アイドルグループ「SKE48」マネジメント等(ライブ・エンタメ事業)のゼスト、トータルプロデュース事業のノース・リバー、アイドルグループ「乃木坂48」運営の乃木坂LLC(持分法適用関連会社)、イベント企画・運営やモデルマネジメント等のホールワールドメディア(角川春樹事務所と合弁)、カラーコンタクトレンズ販売のFA Project、広告代理店事業やデジタル・コンテンツ事業のallfuz、テレビ番組など映像制作事業のUNITED PRODUCTIONS、映像制作関連クリエイター・スタッフ派遣のワイゼンラージとなる。

 コンテンツ開発から総合的なマネタイズまでを構築する体制となった。そして今後は映像コンテンツ業界におけるコンテンツサプライヤーおよびコンテンツホルダーとして、コンテンツ(アーティスト、タレント、プロスポーツ選手など)の拡充、グループリソースを活用した展開をサポートするためのエージェント機能の強化、媒体・モデルを活用した情報発信などを推進し、グループシナジーによって新たな収益柱の構築を目指す方針だ。

■20年12月期黒字予想

 20年12月期の連結業績(IFRS)予想は8月12日に修正して、売上収益が80億円、営業利益が3億円、親会社所有者帰属当期利益が4億円としている。キーノートのグループアウトに伴って、第3四半期決算で不動産事業および商業施設建築事業を非継続事業に分類して表示するため、従来予想に対して売上収益を60億円、営業利益を2億円、それぞれ下方修正し、当期利益は据え置いた。なお配当予想は株式併合に伴って10円(期末一括)に修正しているが、実質的な変更はない。

 第2四半期累計は、売上収益が53億17百万円、営業利益が5億87百万円の赤字、親会社所有者帰属四半期利益が5億27百万円の赤字だった。M&Aによる増収効果があったが、新型コロナウイルスに伴うライブやイベントの中止、所属アーティストの活動自粛、広告需要減少、および不動産事業における販売戸数減少などの影響が大きく、先行投資負担で赤字拡大した。

 当面は新型コロナウイルスによる公演・イベント自粛の影響が意識されるが、通期ベースで収益改善を期待したい。

■株主優待制度の基準日および優待内容を変更

 株主優待制度は19年3月期末から対象株主を1000株(10単元)以上保有株主に変更した。さらに決算期変更、新型コロナウイルスの影響、株式併合(20年8月15日付で10株を1株に併合)に伴って、基準日を毎年12月31日に変更(詳細は会社HP参照)している。

■株価は調整一巡

 株価(20年8月15日付で10株を1株に併合、1株当たり数値は株式併合後)は上値を切り下げる形となったが、調整一巡して出直りを期待したい。9月28日の終値は1133円、今期予想連結PER(会社予想連結EPS24円50銭で算出)は46倍、今期予想配当利回り(会社予想10円で算出)は約0.9%、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS724円30銭で算出)は約1.6倍、時価総額は約188億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】タカラレーベンは反落も3Q好決算を手掛かりにバリュー株買いの再燃が有望(2020/01/31)
【株式評論家の視点】リックソフトは今2月期第3四半期業績は順調、日柄調整が進むか注目(2020/01/23)
【編集長の視点】CRGHDは2期ぶり最高業績を1Q決算で確認期待を高め3連騰(2020/02/05)
マクアケは20年9月期大幅増収増益予想で1Q順調(2020/02/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告