ロシア開発のコロナ・ワクチン:間もなくインドで量産、早ければ11月から接種

2020年9月17日 12:45

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:45JST ロシア開発のコロナ・ワクチン:間もなくインドで量産、早ければ11月から接種

ロシアの国立研究所が開発した新型コロナウイルス感染症に対応するワクチン「スプートニクV」が間もなくインドで量産する見通しだ。

インドの現地メディアによると、新型コロナ・ワクチンの量産をめぐり、ロシアのソブリン・ウエルス・ファンドであるロシア・ダイレクト・インベストメント・ファンド(RDIF)はインドの製薬大手ドクター・レッディーズ・ラボラトリーズと契約を結んだという。また、RDIFはほかの製薬大手4社にも打診しており、ドクター・レッディーズ向けのワクチン原液はすでにロシアから発送されたとも報じられた。

大量生産体制が整えば、インド国内早ければ11月から接種を始める予定だ。なお、ロシア開発のワクチンについて、これまで20カ国以上は興味を示している。《AN》

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース