スバル、コンパクトSUV「XV」を大幅改良 10月8日発売

2020年9月7日 12:02

小

中

大

印刷

SUBARU XV(画像:SUBARU発表資料より)

SUBARU XV(画像:SUBARU発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • SUBARU XV
  • SUBARU XV
  • インテリア
  • XV 1.6i
  • XV 1.6i

 スバルは4日、コンパクトSUV「SUBARU XV」の大幅改良版を発表した。発売は10月8日の予定。

【こちらも】スバル、新型レヴォーグの先行予約開始 オンラインイベントも

 スバルのXVはもともと「インプレッサ XV」として2010年に誕生。2017年4月6日に「XV」としてフルモデルチェンジし発売。ホンダ・ヴェゼルや日産・ジュークなどとともにコンパクトSUVというジャンルを盛り上げる人気商品だ。5ドアタイプのインプレッサをベースにしてSUVを作るという、シンプルな開発コンセプトだが、コンパクトなボディで実用性を高めている。

 今回の改良により、XVはアルミホイールやフロントのビジュアルなどが大幅に変化。パワートレインや足回りのセッティングも見直すなど、全面的なデザインのブラッシュアップが見られる。

 新しいボディカラーとしてプラズマイエロー・パールを追加したほか、e-BOXER搭載車だけを対象とした「e-Active Shift Control」にも注目だ。「e-Active Shift Control」は、スポーティな走りを助ける変速制御機能で、メーカーが開発したドライブアシストシステム「SI-DRIVE」との協調で動く。高速道路や一般道など状況に応じて快適な走りを実現したいなら、積極的に使いたいサポート機能だろう。

 安全面ではメーカーオプションとして、フロントビューモニターを設定。駐車や発進時だけでなく、見通しの悪い交差点などでの接触事故を予防するため、ドライバーの視界を機械がサポートしてくれる。

 XVの大幅改良を受け、スバルでは2020年10月10日~11日および、10月17日~18日に店頭デビューフェアを開催する。新しくなったXVの魅力を堪能できるだろう。価格は220万円~298万1,000円。今回の大幅改良がドライバーたちに新しいフィーリングを届けてくれるだろう。

関連キーワードSUVスバルSUBARU XV

関連記事

広告