日経平均テクニカル:小反落、終値5日線上に復帰

2020年9月1日 18:15

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:小反落、終値5日線上に復帰
1日の日経平均は小反落した。5日線が再び下向きに転じたほか、ザラ場高値と安値は昨日水準を下回って戻り売り圧力の強さを窺わせた反面、終値は3日ぶりに5日線上に復帰するとともに25日線も上向きをキープし、強弱が打ち消し合う格好となった。ローソク足は胴体と上下のヒゲが短い小陽線で引け、市場の気迷いムードが推察される。一目均衡表では基準線と転換線が横ばいを続け、もみ合い延長を示唆。RSI(14日ベース)が58.99%、東証1部の騰落レシオ(25日ベース)が96.61%といずれも中立ゾーンに位置しているため短期的には売られ過ぎでも買われ過ぎでもないとみられ、もみ合い離脱の材料待ちの相場が長引く可能性が増している。《FA》

関連記事