映画『ウルフズ・コール』“黄金の耳”を持つ特殊分析官が繰り広げる極限の潜水艦サスペンス&アクション

2020年8月30日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 映画『ウルフズ・コール』が、2020年9月25日(金)より全国公開される。

■極限の潜水艦サスペンス&アクション大作

 2019年に開催された「フランス映画祭 2019」で公開され、拍手喝さいを浴びた『ウルフズ・コール』。人並み外れた特殊能力を持つフランス海軍原子力潜水艦の分析官が繰り広げる、緊迫の潜水艦サスペンス&アクション大作だ。

■ストーリー

 フランス軍の潜水艦で、並み外れた聴覚を活かし「黄金の耳」と呼ばれる特殊分析官として従事するシャンテレッド。それは僅かに聞こえる音から敵の動向を探る重要なポジション。しかしシリアでの潜航任務中、彼は怪しげな音に気づくも識別に失敗し、その判断ミスから甚大な危機を招いてしまう。彼の耳を惑わせたのはまるで“狼の歌(呼び声)”のような正体不明のソナー音。やがて再びその音が聞こえたとき、シャンテレッドは人類滅亡の危機を賭けた決断を迫られる。

■深海に鳴り響く“狼の歌”緊迫の予告動画

 公開された予告動画では、特殊分析官・シャンテレッドが、突如深海に鳴り響いた“狼の歌”を聞き取ってしまい、どんどん危機に直面していく様子が描かれている。果たしてシャンテレッドは、“狼の歌”の正体を突き止め、危機を脱する事が出来るのか。

 主人公で、「黄金の耳」の持ち主シャンテレッドは、2019年公開のフランス映画『私の知らないわたしの素顔』主演のフランソワ・シヴィル。監督は、本作が初の長編作品となるアントナン・ボードリーが務める。

【詳細】
『ウルフズ・コール』
公開日:2020年9月25日(金)
監督:アントナン・ボードリー
脚本:アントナン・ボードリー
キャスト:フランソワ・シヴィル、オマール・シー、マチュー・カソヴィッツ、レダ・カテブ
原題:Le Chant du loup
配給:クロックワークス

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • クラウンアスリートG ReBORN PINK特別色モモタロウ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • フォレスター「SPORTS」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
 

広告

ピックアップ 注目ニュース