コマースOneHDはサイト構築プラットフォームの流通額4割増など注目され後場一時ストップ高

2020年8月19日 15:09

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「フューチャーショップ」、巣ごもり消費を余すなく取り込む

 コマースOneホールディングス(コマースOneHD)<4496>(東マ)は8月19日の後場寄り後に一段高となり、一時ストップ高の5120円(705高、基準値から700円高)まで上げて大きく出直っている。

 ネットショッピングサイトなどのEC事業にかかわる様々なソリューションをワンストップで提供し、2020年6月26日に上場。8月17日、持株傘下の事業会社フューチャーショップが運営するSaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop(フューチャーショップ)」シリーズの20年4~6月の流通額が432億円(前年同期の143.10%)に達し、継続利用1店舗あたりの月商平均は同152%の729万円だったと発表した。

 新型コロナによる「巣ごもり消費」に関わる需要を余すことなく十全に取り込んでいるとの見方があり、驚異的な伸び率が注目されている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】タカラレーベンは反落も3Q好決算を手掛かりにバリュー株買いの再燃が有望(2020/01/31)
【株式評論家の視点】リックソフトは今2月期第3四半期業績は順調、日柄調整が進むか注目(2020/01/23)
【編集長の視点】CRGHDは2期ぶり最高業績を1Q決算で確認期待を高め3連騰(2020/02/05)
マクアケは20年9月期大幅増収増益予想で1Q順調(2020/02/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事