Google、Android端末の加速度計を用いた地震検知システム構築へ

2020年8月14日 21:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

GoogleがAndroid OSを搭載した端末を使い、地震検知システム「Android Earthquake Alerts System」を構築すると発表した。日本の地震速報と同様、大きな揺れが来る前に警報通知したり、検索サイトで地震情報を表示させるとしている(GoogleブログCNET朝日新聞)。

日本のように全地域に地震計を設置することはコスト的には難易度が高い。そこでAndroid Earthquake Alerts Systemでは、スマートフォンに搭載されている加速度センサーを使って地震であると想定される揺れを検知。検知後は地震検知サーバーに揺れが発生した場所などの大まかな位置情報などが送信される。サーバーは複数の端末からの大量の情報を組み合わせて、地震が発生しているかどうかを把握するという仕組みとなっている。

当初は地震計のネットワークが存在している米国のカリフォルニア州で運用を開始、その後、1年程度をかけて世界的にサービスを広げていくとしている。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | ニュース | 地震

 関連ストーリー:
震源とマグニチュードを誤って震度を予測した緊急地震速報、震度1以上の揺れは観測されず 2020年07月30日
震度7より震度5クラスの地震が発生したほうが高速道路での事故は起きやすいという調査結果 2020年01月17日
深海魚の出現と地震には相関関係は見られず 2019年08月14日
震災時の避難に向けた保険の開発が進む 2019年07月08日
大地震の発生前20~60分前に予兆を観測する新手法 2016年10月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroid地震

関連記事

広告