「Fortnite」が独自の課金システム実装、Apple/Google両ストアから即日削除

2020年8月14日 21:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 兼ねてよりストアの手数料を問題視する発言をしていたEpic Gamesが、同社の人気ゲーム「Fortnite」にストアを介さない独自の課金システムを実装、App Store/Google Play Storeから即座に削除される騒動となっている(ファミ通の記事, 日経新聞の記事, ITmediaの記事)。

Epic側の行動は元々削除を見越したものだったようで、削除後にAppleの有名な広告「1984」(Appleがビッグブラザーと戦う広告)を捩った動画を公開、Appleを独禁法違反で提訴した。

Appleなどのプラットフォーマーは現在、ソフトやサービスの売り上げから利用料として30%を徴収しており、プラットフォーム税とも揶揄されている。Androidにおいては、これを避けるために独自にアプリを配信する道がある一方で、iPhoneにおいては独自配信の手段が無く、7月下旬の米議会の反トラスト法(独禁法)を巡る公聴会でも論点の一つとなっていた。

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ビジネス | Google | 法廷 | アップル

 関連ストーリー:
洋ナシはリンゴに類似している? Appleが洋ナシのロゴを持つ企業を訴訟。相手側のPrepearは署名活動で対抗 2020年08月13日
特許侵害をめぐるヘッドフォンメーカーKossとの訴訟でAppleが反訴 2020年08月11日
Apple曰く、すべてのアプリを個別に審査する必要があるため、クラウドからのゲーム配信は認められない 2020年08月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidAppleiPhoneGoogle Play

関連記事

広告