NY外為:ドル反発、米週次新規失業保険申請件数が3週間ぶり大幅減

2020年8月7日 00:52

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*00:52JST NY外為:ドル反発、米週次新規失業保険申請件数が3週間ぶり大幅減

NY外為市場ではドルが反発した。朝方発表された週次新規失業保険申請件数が予想以上に減少したことが安心感に繋がった。3週間ぶりの減少となる。米10年債利回りは0.50%から0.52%まで上昇。

ドル・円は105円30銭の安値から105円60銭まで反発。ユーロ・ドルは1.1866ドルから1.1818ドルまで反落した。ポンド・ドルはベイリー英中銀総裁が今のところマイナス金利を実施する必要性がないとしたことや英国の7月建設業PMIが予想を上回ったためポンド買いが継続し1.3186ドルまで上昇後、1.3127ドルまで反落。ドル・スイスは0.9078フランから0.9129フランまで上昇した。《KY》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース