渋谷の「スクランブル交差点」が栃木に誕生 撮影用のスタジオ施設で原寸大

2020年8月6日 20:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

栃木県足利市に渋谷クランブル交差点が誕生したそうだ。何を言ってるんだという感じではあるが、現実には人通りが多すぎて、ドラマなどには使用しにくい「渋谷クランブル交差点」をそっくりの撮影セットとして設置したのだという(共同通信足利経済新聞)。

交差点はほぼ実寸大で設置されており、地下街への階段や駅前交番だけでなく、道路脇の落書きまで精巧に表現されているとのこと。CG合成用に使用可能なグリーンバックの壁も用意されている。レンタルも可能ですでに映画撮影に使用されたとのこと。

足利市は「映像のまち構想」という事業を推進しており、映像制作やロケーション活動の拠点となることを目指しているという(2013年の記事)。

 スラドのコメントを読む | 映画 | テレビ | 交通

 関連ストーリー:
スタートレック公式サイト曰く、トライコーダーの完全に機能するレプリカが開発中 2020年07月24日
映画館での秒間120フレーム上映は広まるか 2019年03月19日
「熊本地震で動物園からライオンが逃げた」デマの写真、ヨハネスブルグでの映画撮影時の一コマだった 2018年11月12日
レミングスは集団自殺しない 2018年06月21日
スター・トレックのファンムービーをめぐる訴訟が和解に達し、上映時間を30分に短縮することで制作可能に 2017年01月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード栃木県

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース