SpaceXの「Starship SN5」試験機が150mの垂直飛行に成功

2020年8月6日 20:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

AC0x01 曰く、 米宇宙企業のSpaceXは5日、開発中の超大型宇宙船Starshipの実機サイズ試験機「Starship SN5」の高度150mの最初の飛行試験に成功した(飛行動画, Gigazineの記事, Space.comの記事)。

 Starshipの試験機としては、2019年8月に「Starhopper」と呼ばれる小型の試験機が高度150mの飛行を達成。その後10月に実機サイズの試験機「Starship Mk1」が公開され、同年中にも高度20kmの飛行を行う…としていたものの地上での加圧試験中に爆発。その後「Starship Mk2」はキャンセル、命名を変えた「Starship SN1」が登場するも加圧試験で爆発。「SN2」「SN3」も加圧試験に失敗。「SN4」で加圧試験をクリアするも燃焼試験で爆発。今回の「SN5」でようやく飛行試験に到達するという苦難の道を歩んでいた。

 公開された飛行の映像では、まだノーズコーンや翼が付いていないこともあり、キレイな巨大円筒がロケットエンジンで飛行しているという感である。今回はまだ150mと小さな一歩だが、ここから本格的な飛行試験が始まることを期待したい。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 宇宙

 関連ストーリー:
SpaceXのStarship試作機、燃料タンクの圧力テスト中に爆発して吹き飛ぶ 2020年03月05日
SpaceX、実機サイズの新試験機「Starship Mk1」を公開 2019年10月01日
SpaceXの試験機「Starhopper」、燃料漏れの結果炎上 2019年07月23日
SpaceXのFalcon 9ロケット、ドローン船上への着陸・回収に今回は失敗 2016年06月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSpaceX

関連記事

広告

広告