7-9月期における大幅な雇用回復は実現困難か

2020年8月5日 10:42

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:42JST 7-9月期における大幅な雇用回復は実現困難か
 5日に発表される7月米ADP雇用統計は、前月比+120万人程度(民間部門雇用者数)と予想されているが、増加幅は6月実績の236.9万人を大幅に下回る見込み。ADP雇用統計によると、民間部門の雇用者数は3月と4月の2カ月間で約1971万人減少している。5-7月期の3カ月で660万人程度の雇用回復が見込まれているが、それでも失われた雇用の3分の1にとどまる。

 市場関係者の間からは、「7-9月期の雇用情勢は4-6月期との比較で多少の改善が予想されるものの、急速な雇用回復は期待できない」との声が聞かれている。本日発表される7月ADP雇用統計は7日に発表される7月米雇用統計の参考データになるとみられており、雇用者数の増加が市場予想を下回った場合、7月米雇用統計がさえない数字になるとの思惑が広がり、ドル売り材料になる可能性がある。《MK》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース