ペッパーフードサービスが投資ファンド・アドバンテッジグループと事業提携し業績向上に向けた諸施策など展開へ

2020年8月1日 13:13

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「資金調達のみならず、経営支援を受けることができる相手先」

 「いきなり!ステーキ」などのペッパーフードサービス<3053>(東1)は7月31日の夕方、第1四半期決算、未定だった今期・2020年12月期の連結業績予想などと同時に投資ファンド・アドバンテッジパートナーズのグループで経営コンサルタント事業などを行うアドバンテッジアドバイザーズ(東京都港区)との事業提携を発表した。

■新株予約権を発行し最大97億円を調達

 これにより、セールス&プロモーション支援、業務効率化支援、IR支援などを受けるとしたほか、アドバンテッジアドバイザーズが情報提供などを行っている投資ファンド宛に新株予約権を発行し、最大97億円の資金を調達する。業績向上のための諸施策の検討と着実な実行を積極的に推進する。

■「ペッパーランチ」事業は売却、「いきなり!ステーキ」は店舗網の改善など推進

 発表によると、「資金調達のみならず、経営支援を受けることができ、当社の企業価値の向上を図ることが可能であると考えられる相手先として、複数の上場会社への戦略的なアドバイスの提供実績のあるアドバンテッジアドバイザーズを選定」(発表リリースより)した。

 同時に、未定だった今期・2020年12月期の連結業績予想、中期計画も発表し、「ペッパーランチ」事業の売却、「いきなり!ステーキ」事業での過剰となっている店舗網の是正、メニュー見直しによる店舗オペレーションの改善・安定化などに取り組むとした。

 20年8月末に保有株式の売却を行い、73.20億円の子会社株式売却益が発生する見込み。今期・20年12月期の連結業績予想は、売上高が305.77億円(前期比54.7%減)、営業利益は42.15億円の赤字(前期は約0.7奥苑の赤字)、親会社株主に帰属する当期純利益は45.62億円の赤字(同27億円の赤字)。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Mazda3 2.5 Turbo(画像: 北米マツダの発表資料より)
  • 名古屋大学と三井化学、フレンドマイクローブの3者で開発された3Dマスクの「θ」のカラーバリエーション例。(画像: 発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース