エヌ・シー・エヌは耐震性の高い独自開発木造建築システム

2020年7月27日 08:04

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 エヌ・シー・エヌ<7057>(JQ)は、耐震性の高い独自開発木造建築システム「SE構法」を提供している。21年3月期連結業績予想は未定としている。当面は新型コロナウイルスによる経済収縮の影響が意識されるが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は反発力が鈍く小幅レンジでモミ合う形だが、煮詰まり感を強めてきた。上放れを期待したい。

■耐震性の高い独自開発木造建築システム「SE構法」を提供

 耐震性の高い独自開発木造建築システム「SE構法」を、工務店中心の登録施工店ネットワークを通じて提供している。子会社MAKE HOUSEは住宅業界向けBIMソリューションを開発している。木造住宅向けの構造計算料や建築部材販売が収益柱である。

■21年3月期予想は未定

 21年3月期の連結業績予想は未定としている。ハウスメーカー・工務店各社が3月末から住宅展示場(モデルハウス)を一部閉鎖したため、自粛期間の集客不足が今後の住宅販売減少につながる可能性があるとしている。当面は新型コロナウイルスによる経済収縮の影響が意識されるが、中期的に収益拡大を期待したい。

■株価はモミ合い煮詰まり感

 株価は反発力が鈍く小幅レンジでモミ合う形だが、煮詰まり感を強めてきた。上放れを期待したい。7月22日の終値は819円、時価総額は約26億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース