リツイートによる写真の自動トリミングも同一性保持権の侵害に 最高裁判決

2020年7月22日 19:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

リツイートで個人情報を開示へ。ある写真家が自サイト上に掲載していた写真を無断でTwitterに投稿され、その投稿をリツイート(RT)したユーザーの情報を開示するようTwitter社に求めていた裁判で、最高裁判所は二審判決を支持し、Twitter側の上告を棄却した。これにより、リツイートしたユーザーのメールアドレスが開示されることになる(朝日新聞時事ドットコム毎日新聞)。

この裁判で焦点となったのはリツイートした人物の情報公開の有無。一審の東京地裁では最初の無断投稿を著作権侵害と認めた。問題となったのはこの写真をリツイートしたユーザーだった。先の過去記事にも書かれているが、リツイート時にTwitterの自動トリミング機能により「転載厳禁」と書かれた上部と、写真家の氏名が書かれた下部がトリミングされた。原告はこのリツイートの際のトリミングも問題があるとしてリツイートした人物の情報開示を求めていた。

先の二審知財高裁では、リツイートしたユーザーに対しても、著作者人格権である同一性保持権と氏名表示権が侵害していると判断した。今回の最高裁はこの判決を支持、Twitterに対し、リツイートした人物のメールアドレスも開示するよう命じる結果となった。 

スラドのコメントを読む | YROセクション | YRO | 法廷 | 著作権

 関連ストーリー:
Internet Archiveの電子図書館サービスに対し出版社らが著作権侵害として提訴 2020年06月15日
漫画の全ページを無断複写して研修資料として社員に配布する行為が発覚、もちろん著作権侵害 2020年06月10日
Instagram曰く、APIを使用して写真をWebページに埋め込むには権利者の許諾が必要 2020年06月09日
絵本における著作権侵害問題、著作権的にNGな「絵本の読み聞かせ動画」や個人製作グッズの販売などが多く確認される 2020年04月17日
知財高裁、写真のリツイートに対し一部が見切れることから著作者人格権侵害との判断を下す 2018年06月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権著作権侵害Twitter裁判

関連記事

広告