茨城・五浦海岸に巨大油ガス田の痕跡が見つかる 茨城大・北大の研究チーム

2020年7月17日 08:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

やや旧聞に類する話になるが、茨城大学と北海道大学の研究チームによると、茨城県北茨城市の五浦海岸(いづら)には1650万年前に大規模な油田・ガス田があったという。五浦海岸には奇岩岩礁が広がっているが、この岩礁の成分を分析したところ天然ガス由来と分かったそうだ(茨城大学北海道大学日経新聞ニュースイッチ)。

研究チームのの推定では、可採埋蔵量950億立方メートル以上の巨大ガス田に匹敵する油ガス田だったとしている。この幻の「五浦油ガス田」には、原油も存在していたと考えられているという。この茨城県沖は地下資源探査の対象海域であることから、今後の資源探査の進展に期待できる可能性もあるという。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 日本 | ニュース | サイエンス

 関連ストーリー:
サウジの世界最大規模の原油施設、10機のドローンで攻撃され炎上 2019年09月17日
JAMSTECなどが開発した水中光無線通信技術、実用化へ 2019年02月04日
地球深部探査船「ちきゅう」の運用を受託する日本海洋掘削、経営破綻 2018年06月28日
新潟県新発田市で原油が噴出 2017年03月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード茨城県北海道大学

関連記事

広告

財経アクセスランキング