中止になった札幌マラソンがオンラインで開催へ

2020年7月17日 09:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

新型コロナの影響で一度は中止となった札幌マラソンがオンラインで開催されるそうだ。正式名称は「札幌マラソン2020 by TATTA」。なお走る場所はランナー任意で選ぶことができるそうで「札幌」マラソンの概念が変わりそうな事態となっている(札幌マラソン2020 by TATTAニコニコニュースNHK)。

仕組みとしては『TATTA』というスマートフォンアプリを使い、GPS機能を使用することで距離、時間を記録するのだという。エントリー申し込み期間は10月1日~10日、開催期間は10月7日から13日までとなっている。参加資格は開催期間内に合計21.0975㎞を完走可能な高校生または16歳以上の方。参加料は2500円だが、別途システム手数料220円(いずれも税込)が必要になるとのこと。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | ソフトウェア | 変なモノ | スポーツ

 関連ストーリー:
次々と高記録を生むナイキのレーシングシューズ、競技での使用を禁止すべき? 2020年01月19日
マラソンで高記録を出した選手が使用するNikeのレーシングシューズに厳しい視線 2019年10月22日
人類、初めてフルマラソンを2時間未満で走りきる 2019年10月17日
多摩川の河川敷マラソンコースで強アルカリの水たまりが発生 2017年04月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード札幌マラソン

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース