NY為替:ウイルス治療薬への期待で円買い縮小

2020年7月11日 06:59

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*06:59JST NY為替:ウイルス治療薬への期待で円買い縮小
10日のニューヨーク外為市場でドル・円は106円65銭まで下落したのち、106円95銭まで反発し、106円92銭で引けた。米6月生産者物価指数は予想を下回ったため、金融緩和策の長期化を意識したドル売りが一時優勢となった。ただ、ウイルス治療薬への期待で株高となったことから、リスク選好の円売りが観測されており、ドル売りは一服した。

ユーロ・ドルは1.1274ドルから1.1325ドルまで上昇して1.1299ドルで引けた。イタリアやフランスの5月鉱工業生産は予想を上回り、ユーロ買いが続いたが、独外務次官が「離脱問題を巡り欧州連合(EU)と英国は最悪のケースに備える必要がある」と悲観的な見方を示すと警戒感からユーロ買いが後退。ユーロ・円は120円44銭から、120円89銭まで上昇。ウイルス治療薬への期待にリスク選好の円売りが強まった。ポンド・ドルは1.2585ドルから1.2664ドルまで上昇した。ドル・スイスは0.9425フランから0.9385フランまで下落した。《MK》

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース