マーケットエンタープライズは全国のリサイクルショップが加盟するリユースプラットフォーム「おいくら」との本格連携を開始

2020年7月9日 10:52

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

マーケットエンタープライズ<3135>(東マ)は、総合買取サービス「高く売れるドットコム」と全国のリサイクルショップ998店舗(2020年6月末時点の有料加盟店舗数)が加盟するマッチングプラットフォーム「おいくら」との連携を、7月7日(火)から本格開始した。

マーケットエンタープライズ<3135>(東マ)は、総合買取サービス「高く売れるドットコム」と全国のリサイクルショップ998店舗(2020年6月末時点の有料加盟店舗数)が加盟するマッチングプラットフォーム「おいくら」との連携を、7月7日(火)から本格開始した。[写真拡大]

写真の拡大

 マーケットエンタープライズ<3135>(東マ)は、総合買取サービス「高く売れるドットコム(https://www.takakuureru.com/)」と全国のリサイクルショップ998店舗(2020年6月末時点の有料加盟店舗数)が加盟するマッチングプラットフォーム「おいくら(https://oikura.jp/)」との連携を、7月7日(火)から本格開始した。これにより、「高く売れるドットコム」から「おいくら」への送客数は4倍にまで増加することを見込んでいる。

 同社は、全国主要都市10か所での買取拠点設置に加え、ITとリアルを融合させた独自のビジネスモデルを構築し、ネット型リユース事業を展開。総合買取サービス「高く売れるドットコム」では、毎月4万件以上の買取依頼が寄せられている。一方で、地理的・商材的な制約により、リユース可能な商材にも関わらずお取扱いできない案件が約2万件発生していた。

 こうしたことから、2019年2月に加盟している近隣のリサイクルショップ20店舗に一括査定を依頼することができるリユースプラットフォーム「おいくら」を事業承継し、2019年6月からは同社が運営している「高く売れるドットコム」とのシステム連携を開始した。

 連携開始後、2019年7月から「おいくら」への送客数は増加したものの、加盟店様へのリユース商材に関する情報量が不足していたことや、不用品を売却したいお客様と加盟店を距離のみでシステムマッチングしたことから、マッチング率が想定通りに伸びず、2019年10月に一時送客を停止し、マッチング精度向上に向けたシステム開発を行なってきた。新たなシステム開発においては、買取に係る情報量を拡充するとともに、距離による近隣のリサイクルショップの選別に加え、加盟店がより得意とする商材や一括査定に対する返信率など、複数の項目を掛け合わせることで、より精度の高いマッチングが実現できるようになったことから、7月7日(火)より「家電高く売れるドットコム」をはじめとした同社が運営する22の買取専門サイトとの本格連携を開始する運びとなった。

 加盟店にとっては「おいくら」を通じた集客数及び買取機会の増加が見込まれる。また、不用品を売却したい顧客は、「高く売れるドットコム」でお取扱いできなかった品物に関しても買取の機会が生まれることになる。同社はこうした施策を通じてリサイクルショップの集客のDX化を推進し、売り手・買い手の双方の満足度のさらなる向上を推し進め、リユース市場全体の活性化を目指すとしている。

■リユースプラットフォーム「おいくら」

 ウェブサイト:https://oikura.jp/ (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】第2、第3のテレワーク関連株に注目、仮想デスクトップ・テレビ会議関連など(2020/02/03)
【株式評論家の視点】昭栄薬品はオレオケミカルの専門商社、自社株買い実施に光通信が保有(2020/01/09)
【株式評論家の視点】北の達人コーポは「刺す化粧品-ディープパッチシリーズ」が大ヒット、700円割れが下値として意識(2020/01/16)
【ブロックチェーン・STO関連銘柄特集】新たな金融サービスの広がりに期待(2019/12/11)
【株式評論家の視点】プレナスは通期業績予想を据え置き、配当利回り3%(2020/01/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告