三井化学、人肌に近い温度で接着力を発揮するシート開発

2020年7月2日 18:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 人肌程度の温度で温めるとシート同士が引っ付く「体温感知自己粘着シート」が開発されたそうだ。三井化学が開発したもので、接着面にのりが残らずずにすみ、かつ何回も使用できる特徴があるという。

この粘着シートはガラス転移点である28度を超えると粘着性を発揮する。メーカーが想定している用途としては、面ファスナーの代替品。面ファスナーに比べて糸くずが出ない、着脱時にバリバリ音が出ない、厚みを減らせるといったほか、無色透明であるためデザイナーのデザイン上の意匠への影響を減らすことができるという。衣類だけでなく医療、ウエラブル端末などのIoT端末にも使えるとしている。

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 日本 | ビジネス | サイエンス

 関連ストーリー:
YKKとJUKI、テープのない新ファスナー「AiryString」を開発 2019年07月11日
筋肉からの電気信号で操作できる義手、米国で販売認可される 2014年05月20日
「ファスナーの船」運行開始 2010年08月26日
ファラオの寝心地。ツタンカーメン寝袋、数量限定で復活! 2009年12月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIoT(Internet of Things)三井化学

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース