Y's 2020-21年秋冬コレクション、強い意志と自由な精神をまとう

2020年6月30日 08:20

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 Y's(ワイズ)は、2020-21年秋冬コレクションを発表した。

■Y'sの精神性 - アイデンティティに向き合う

 独自のカッティングとシルエットを採用し、素材の風合いを生かしながら、着ることによって生まれる人の体と服の間にある空気感、分量感、バランスを重視するY'sの精神性に改めて向き合った今季。節々に、ワークウェアのようなタフさと計算された端正な佇まい、力強さ、自由さが見て取れる。自立した意志の強さと、フレキシブルで恐れのない自由な精神を表現した“アイコニック”なコレクションだ。

■ローラーペイントや刺繍などに見るクラフト感

 目に留まるのは、「クラフト」を感じさせるディテール。版画作品のようにローラーペイントを施したオーバーサイズのトレンチコートは、表情豊かな色の擦れ具合が不均一ながら布地の流れと呼応しているかのようにも見える。ワーク感のあるホワイトのジャケットとドレスには、ブラックの糸でステッチを配しアクセントに。また、Y'sを象徴するウールギャバジンのジャケットには、黄緑の糸でランダムに刺繍を施すことで、無骨さに表情豊かな遊びをプラスした。

 グレンチェックのセットアップには、クレヨンで勢い良く引っ掻いたようなプリントをオン。花火のように飛び散る色彩が躍動を見せる。その一方で、静かなドレープ、直線的にすとんと落ちるロングジャケットのシルエットが落ち着いた空気感を漂わせ、意外性のあるコントラストが浮き彫りになっている。

■必然的に構成された色彩や素材

 無作為なようにも見えるが、確かな必然性をもって構成された素材や色、モチーフも散見された特徴。例えば、異なる素材同士をパッチワークして生地の“面”を再構成したジャケットやコート、パンツは、立体の“服”として完成することで、それぞれの素材の個性が際立つ。古いテキスタイルの端切れをスクラップした“生地見本”をそのまま転写したドレスや吊りスカート、ブラウスは、風化したかのような色味が余韻を残す。

 ニードルパンチで淡く境目の曖昧なカラーブロックを描き出したコートは、温かみのある穏やかな風合いに。チェック地のシャツドレスやワンピースは、赤、青、緑と線の色がごく自然に移り変わり、まとった時に調和した色彩がすっと身体に馴染んでいくかのようだ。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードY's(ワイズ)

広告