オリックス 大幅反落、当面カタリスト不足を予想として米系証券が2段階格下げ

2020年6月29日 11:31

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:31JST オリックス---大幅反落、当面カタリスト不足を予想として米系証券が2段階格下げ
オリックス<8591>は大幅反落。ゴールドマン・サックス証券では投資判断を「買い」から「売り」に2段階格下げ、目標株価も1640円から1320円に引き下げている。事業投資・海外・不動産などでコロナ影響による減収が想定以上に大きく、21年3月期はキャピタルゲインも意図的に抑制する方針から、業績予想を下方修正しているようだ。金融セクター内では配当利回りも魅力的と言い難く、格下げリスクが燻る点なども懸念しているもよう。《US》

広告

財経アクセスランキング